高精度な機器製造はホーニング加工で決まる|高品質プラスチック成形

工場

研磨することでの利益

資材

消費者に満足してもらう高品質な製品は、使用する部品なども適切に加工する必要があるものです。特に機械に使用する部品ともなれば、製造された部品の品質によって機器の機能や耐久性も左右されるので、機器の組み立てや製造を行なう会社ならば、きちんとした加工を行なうところへ部品加工を依頼したいものです。ホーニング加工を行なう会社に委託することで、部品の表面を非常に美しい状態に研磨してもらえるので、製造する機器の品質も高いレベルの品質で量産できます。ホーニング加工では、円柱状の研磨機でバランスよく研磨するため、配管やシリンダーの研磨を高い精度で行なってもらうことができます。特にエンジンなどに使用するシリンダーであれば、研磨することでピストン機器との摩擦も防げるので、抵抗により部品への負荷を避けることができます。部品に負荷が掛けられれば、長く使用する上で耐久性にも問題が現れます。また、摩擦が生じるということは、それだけエネルギー効率の損失が現れることとなるので、機器本来が持つ機能を発揮できないことにも繋がるのです。ホーニング加工を専門に行なう会社では、機器を滑らかな表面に加工してもらえるので、今までより耐久性や性能の高い機器の製造ができるようになるでしょう。

ホーニング加工を行なう会社は金属部品を加工する場合に依頼できますが、プラスチック成形などを行なう会社に委託することで、高い機能を持つ容器や建材を作成してもらうことができるでしょう。多くの製品に利用できるプラスチック容器は、専門的に成形している会社に任せれば、どのようなデザインの容器も作ってもらうことができるでしょう。会社独自のデザインで容器を作って貰えれば、高い機能性を発揮できると同時に消費者へのアピールも行なうことができます。最近では高い耐久性とガラスのような透明度があるカーボグラスが人気であり、展示用のプラスチックケースとして作成できるほか、割れにくいガラス窓として使用することも可能となるのです。金属加工やプラスチック加工を行なう場合、専門の会社に委託すれば、より高精度な製品を量産してもらうことができるでしょう。

デザインで変わる利益

作業員

容器の製造を行なう会社に依頼すれば、印象的なデザインにより効果的なブランディングを行なうことができるでしょう。機能面においても高いパフォーマンス性を発揮するので、自社製品の売上をさらに高めることができるのです。

View Detail

工法よる違いとコスト

ワーカー

プラスチック成形を行なう会社では、さまざまな成形方法で任意の形状のプラスチック製品を作ってくれます。金型で圧迫する圧縮成形や、複雑な形状のプラスチック製品も作れる射出成形など、プラスチックに適した方法やコストの安さから、適切な成形方法を選びましょう。

View Detail

ガラスに代わる素材

ヘルメット

ガラスに負けない高い透明度と、強い耐衝撃性を兼ね備えた素材といえばカーボグラスです。樹脂製であるため、表面の傷や紫外線に弱いと多くの人は考えますが、専門の会社に委託することで、耐摩耗性や耐候性を高める特別なシートを貼り付けてくれます。

View Detail