高精度な機器製造はホーニング加工で決まる|高品質プラスチック成形

工場

ガラスに代わる素材

ヘルメット

カーボグラスは、高い透明度と耐久性を兼ね備えた製品です。ガラスのような高い透明度を誇りながら、簡単には割れない耐衝撃性があるので、建材として現在注目されている製品なのです。窓に取り付けられる窓ガラスは、厚みもありある程度の耐久性を発揮していますが、強い衝撃には耐えることができません。大型の棚の移動などで手を滑らし、窓ガラスを割ってしまうことや、台風の風で飛んできた石によって簡単に割れてしまうものなのです。また防犯性にも問題があり、窓ガラスを部分的に割って鍵を開けて室内に侵入する空き巣も多いので、安心して自宅で過ごすにはガラスの耐久力では心もとないものとなるでしょう。ガラスのような透明度と固い耐久性を持つカーボグラスならば、ガラス破損による怪我を防げるほか、簡単に割れないことから防犯にも役立てることができます。カーボグラスを扱う専門の会社に委託することで、個人で取り寄せるだけでなく、建物の建設を行なう会社も導入することができるでしょう。

樹脂でできているカーボグラスは、プラスチックであることから紫外線に弱いという問題を抱えています。建材として使用する場合、長期間日光からの紫外線にさらされることとなるので、紫外線に弱いとなると窓ガラスなどに使用するのは適さないのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかし、カーボグラスを製造する会社では、この紫外線への対策も行なっています。紫外線の害を防ぐ専用のシートをカーボグラスに貼り付けることで、長期間紫外線にさらされた場合でも劣化を防ぐことができます。カーボグラスの会社に注文することで、このシートを使用した特別なカーボグラスを受注することができるでしょう。紫外線対策ができるシートだけでなく、表面の傷を防ぐハードコートや、静電気によってホコリが付着することを防げる帯電防止シートなど、性能をさらに高める施行をカーボグラスの会社は行なってくれるのです。